FC2ブログ

元くん、元気にしてます

去年の12月に、健康診断と血液検査をし、リンパ腫とわかった元くん
トムくん 真顔
この写真は、保護猫時代のモノ。 里親さんにお届けする直前かな。


かかりつけの動物病院さんから、大阪玉造のネオベッツVRセンターで詳しく検査を受けるよう勧められ
散々迷ってるうちに、容態が悪化。 やっと精密検査を受けた時には、全身全てのリンパが腫れてました。
元くん おかんむり2
ネオベッツの獣医さんは、犬ならこーゆー症状の子は観た事あるけど、猫では初だと驚いていた。
その時の余命が、2ヶ月。

ネオベッツの獣医さんに勧められて、遺伝子検査も受けました。

こういった症状の子に処方出来る薬は、その時点で4種類あった。
通常どの薬が合うか、順番に試して効果が出たか様子見するけど、元くんにはそんな悠長なことする時間は、ない。
里親さんの判断を仰ぐ間も惜しい。代理で通院させたウチの旦那さんは、即答で遺伝子検査をお願いした。

で、以後、かかりつけの動物病院で診てもらい、遺伝子検査でわかった一番合う薬を処方してもらってます。


コレがバッチリ功を奏して、元くんはご覧の通りのゴキゲンさんな様子に。
元くん すっかり元気に
やってて良かった、遺伝子検査! 


よく、ブリーダーさんから猫を買って、その後「遺伝病だと言われました!!遺伝子検査して下さい!!」とか
言う人が居てるそうやけど、遺伝子検査って、そーゆーのやなくて、元くんみたいに使うんやで。

だいたい、自分の飼い猫が病気になったからって、ブリーダーのせいや親のせいやって、誰かに八つ当たりしたいのは
わかるけど、そもそもちゃうやん。

飼育環境はどうやったか、接し方に問題はなかったか、何を食べさせてたか、ストレスになることを
させてなかったか等々、自分の飼い方をまずは振り返らへん?

例え良くない飼い方をされてたとしても、自分家の子になったんなら、今の飼い主さんが頑張るしかナイで。


おっとっと、つい話がソレてもーた。
元くんは、精密検査してもらったお陰で、今は良い状態を保ててます。

上半身のリンパは大分腫れが引いたものの、下半身はまだ腫れていて、今も歩く時は足を引きずっている。
それでも、元気食欲旺盛で、何よりもゴキゲンに過ごしている。


今の状態がいずれ終わりを迎え、近い将来看取ることになるのは、里親さんも私もわかっている。
いずれ来るお別れまで、少しでも長く、ゴキゲンで過ごせますように。



☆元くん、君の飼い主さんは意外に繊細やから、おばちゃんも微力ながらサポートすんで〜☆
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤ツナギ  

Author:赤ツナギ  
ガソリンスタンド勤務の猫好きおばちゃん。
兵庫県尼崎市で猫の里親募集中。
ちょいとベタな関西弁でゴメンやっしゃ~

アフィリエイトで応援ヨロシクです
楽天市場 楽天ブックス 犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
いつでも里親募集中
ウチの保護猫もこちらで募集してます
いつでも里親募集中
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
リンク
里親募集リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる